×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不妊の原因として基礎体温が二層に

不妊の原因として基礎体温が二層に分かれてない可能性があります。

 

 

 

普通なら月の中で高温期と低温期がはっきりと二つに分かれているはずで、これは正常に排卵がされているかをチェックする目安にもなるのです。

 

 

 

高温低温が、二つに分かれてない理由は重い障害が隠れている事もありえるのではないかと思います。

 

妊活中に煙草を吸う方がいますが、これは厳禁です。皆さんご存知のように、煙草を吸う事で様々な悪影響が体に与えられ妊娠しにくくなってしまいます。当然のことですが、これは女性だけではなく男性側にも同じことが言えるでしょう。

 

喫煙による影響で言うと、女性の場合は排卵障害、男性に関しては精巣機能が低下するといった報告がされています。

 

こうしたことを踏まえてみると、妊活をしている場合はご夫婦での禁煙をすすめ、身近な喫煙者にも協力してもらうのが良いと思います。

 

 

 

皆さんご存知のように、妊活中の方にとっては体を冷やしてしまうことは望ましくないものです。
冷える事は血行不良に繋がりますから、子宮や卵巣といった女性にとって大事な臓器の働きを悪化させるおそれがあります。
多くの場合、冷えは足先から感じるようです。いま、冷えに悩まれている方は、靴下を利用する「冷えとり健康法」といった方法などで体を冷やさないように注意しながら、体に溜まった冷えをとって血行が良くなるように努力してください。妊活を行っている時は食べ物にも気を付け、体を温めるものを選んでください。
大根、ごぼう、人参といったような土の下に根を生やしているような野菜類は、積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。
それとは逆に、身体を冷やしてしまうとされる野菜は、キュウリやナスやトマトといった夏に穫れる野菜が多いです。また、果物はデザートとして少しの量を摂るだけならいいですがミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないので温かい飲み物がよいと思います。

 

妊活時はひときわ、色々と配慮が必要です。一例として、風邪薬を飲むことについては、それほど深刻な影響は及びません。けれど、ちょっとでも子供を授かることに悪影響が出てしまったらどうしようと悩んでしまう場合は、問題はないのかどうかをお医者さんとよく相談した方がいいと思います。